Oberheim DXをハックだぜ。 part.1

年末ですね。師走ですね。走ってますか?息切れしてませんか?小学校のマラソン大会ではスタート200mだけ全力で走っしてブッチギリ先頭の優越感に浸ってたOROTIコバヤシです。ま、その優越感も一瞬だけですが。汗

この前のOROTIライブきてくださった方々ありがとうございました!感謝御礼申し上げます。
これなかった方々今度是非ぜひ!お待ちしておりま~す。

さて、話は変わってUSAからオイラが持っているリズムマシンOberheim DX宛に封書が届きました。
中身は、これ。


無くしたMETRONOMEのフェイダーのツマミと、ネジです。

たまたま、Oberheim DXのMIDI改造ネタを探していたら兄弟DMXのMIDIキットを取り扱いしてるところがあって、そこに一緒に売られていたので日本に送ってくれるかメールで問い合わせしたところ、OK!って返事が来たので買ってみました。Paypalが使えると海外送金が楽で便利でね。
さて、フェイダーのツマミは無くしたので購入したのですが、このネジはドライバーを使うことなく回せる便利なネジで、フロントに2つある通常のネジと交換して使います。そうすると、手でクルクルってすれば簡単に中の基盤にアクセスすることができるのです。

さてさて、ここからが本題。なんでこんな中の基板に用があるかといいますと、基板には印字されたROMチップがありまして、そこにはKICKやらSNAREやらHATと音色名が書かれています。ま、ご想像通りコレ、音色が格納されているROMなわけですよ!そして、さっきのDMXのMIDIキットを販売していたサイトには、メカキチなオイラの血が騒ぐ有力情報が載っていました。なんとなんと、DX(DMX)とLinnのドラムマシンのROMには互換があるよ!って書いてあったわけでよ。んじゃーなになにLinnのROMをDXにさしてみたら、憧れなLinnなドラムマシンになっちゃうのかな?マジで?そんじゃやってみよー!ってことで早速ROMライターなんて買っちゃいました。ちなみにS.C.I DrumtraksやSimmons SDS-1、Simmons SDS-9なんかとも互換あるらしいでよ。

と、いうわけでかな~りマニアックですが、興味がある方のためにちょこちょこ試しながら連載でもしてみます。

次回へ続く~

SPEAK / ADD YOUR COMMENT
Comments are moderated.

Return to Top

OROTI

progressive ambient-dub unit

Live infomations

coming soon...
->