レゲエ

今まで、どーにも理解できず避けてきたジャンルの一つが”レゲエ”なんですが、ここ最近のDUB影響でそんなレゲエのCDを初チョイスしてみたり。ってチョイスって程の物でも無いんですが、最近発売されたDJ KENTAROのMIXCD「Tuff Cuts」を購入。とっても聴きやすい内容はレゲエを食わず嫌いしていた私に調度良かったりです。

そんな中、今年のメタモルフォーゼで来日する”JAH SHAKA”がメタモの前日にUNITに出るって事で行ってきました。500円安い前売り券欲しさに某レコード店に確認の電話を入れるも対応の雑さ言葉使いの悪さに嫌な気分にさせられ、店の前まで着くも気分が変わり、スグ側にあるレゲエ専門のレコードショップでチケット購入。こっちはドコか親切な感じ。やっぱレゲエの方が”愛と平和”なんでしょうかね。
しっかしDUBのパーティーなんて始めてで入るまでが緊張だわ。もしかしてタオル回すのかしら?なんて的外れな想像もしちゃう始末です。まぁ特に変わりは無かったけど、やっぱりドレッド率は高いのね。あと男が多かったかね。

クラブでDUB聴くのって多分初めてかも。やっぱDUBはデカイ音で聴く音楽だわ。どなたか存じないDJでしたが良かったです。にしてもDUBのDJって曲を繋がないんだねー。それもまた新鮮でしたが。
そこそこの混雑の中、ザ・ジャマイカ!なドレッドでラスタカラーの服着た黒人が、客と客の隙間を通り抜け前に進もうとしてましたが「後ろすいません。」と流暢かつ親切な日本語にホッコリ。「後ろすいません」言ってますか?(笑)
そんな感じで待ってましたのJAH SHAKA登場。マイクで「ラスタなんたら~。」と煽るも”ラスタ”って言ったら”ピ~ヤ~”しか頭に浮かばない。最初は揺る~い感じから踊れる曲に。オリジナル曲をかけてから次にDUBミックスかけて~な展開になると本人が、そんなDUBミックス?インストVer?に意外な程に味の無い歌声でカラオケし出す状況に”もうイイかな”って気分に。(笑)アッサリ帰っちゃいましたー。混んでるクラブが苦手ってのもあったけどね。ギューギューになって聴く音楽じゃないかなと。ま、大きな音でDUBを聴けたってのが楽しかったので満足っちゃ満足。すでにJAH SHAKA前に満たされていたONEDUBでした~。

関係無いんですが「Tuff Cuts」のジャケみて思うのは”DJ KENTARO”ってこんな顔でした?

SPEAK / ADD YOUR COMMENT
Comments are moderated.

Return to Top

OROTI

progressive ambient-dub unit

Live infomations

coming soon...
->